結婚祝いを頂いた際のお返しには色々悩みますよね。

 

結婚式に出席していただいた方には、食事であったり引き出物でお返しできるので良いのですが、出席していただかない方のお返しはどうするか考えなくてはいけません。

 

いつ頃送ればいいのか、金額の目安はどれくらいになるのかなどを知っておくと良いでしょう。

 

まずお返しする時期は、挙式が終わってから1か月以内が一般的です。

 

式の後は新婚旅行や手続きなどいろいろ忙しいかもしれませんが、あまり遅くなり過ぎないようにしましょう。

 

先にメッセージだけでもお送りするといいと思います。お祝いに対するお礼の気持ちを書くようにしましょう。

 

金額の目安は、いただいた金額の半分~1/3程度の金額の品物が目安です。

 

1万円や1万円相当のものをいただいたなら、その半額の5千円ぐらいの品物を準備しておきましょう。

 

ただ目上の人から目下の人にお返しをするときには必ずしも半返しにはなりません。

 

同額程度を返す考えもあります。1万円程度のものをもらったなら、1万円から8千円ぐらいのものを用意しましょう。

 

もし職場の友達など連名で結婚祝いをいただいた際も、少額になってしまいますが、お返しはやはり1人につき半分~1/3程度の金額の品物をお返しした方がいいでしょう。

 

また最近では結婚式をあげないカップルも増えています。

 

挙式予定がない場合のお返しは、半返しあるいは1/3程度の金額の品物を目安にしましょう。

 

カタログギフトなどを利用し、いただいたお祝いの金額によって贈り分けましょう。

 

 

結婚祝いのお返しは必ずのしをつけて贈りましょう。

 

のしは紅白の結び切りを選びます。

 

表書きは”結婚内祝”や”内祝”、下には”新婚夫婦の名前”を連名で書きます。

 

贈り先が遠方の場合は郵送でも仕方ありませんが、なるべく手渡しでお返ししましょう。

 

結婚祝いのお返しの品物の人気ランキングは、
1位 カタログギフト
2位 商品券
3位 スイーツなどお菓子類

 

となっています。

 

カタログギフトや商品券は、「自分で欲しいものを選ぶことができる」という理由で人気が高いようです。

 

かつて人気だったタオルやシーツなどの日用品は最近では使われなくなりました。

 

贈り側の趣味が出るものが避けられているようです。